評価の高い広尾の幼児教室
2019年5月15日

自由が丘に幼児教室が多い理由とカリキュラム内容

子どもの潜在的な能力を引き出すには、3歳までに良質な教育をおこなっておく必要があるとアメリカの小児科医が1975年に論文で発表されました。

これは頭脳の前頭葉の成長が影響しており、生まれてからわずかな期間で両親が話す言語をマスターするのと同じ仕組みだといわれます。この論文はアメリカだけでなく日本でも大きな反響があり、80年代の幼児教室ブームへとつながります。現在でも全国各地で0歳児から3歳児までを対象にした幼児教室は数多くありますが、目黒区自由が丘だけで計12教室もの幼児教室が開校されています。

なぜ自由が丘という狭い地域に教室が密集しているのかというと、昨今人気の住宅街になっており若年世帯数が多いことが理由に挙げられます。また都内有数の有名私立小学校もあるので、教育施設の需要が高いというのも見て取れます。自由が丘の多くの幼児教室でおこなわれているカリキュラムは、音楽と体操を融合させたリトミックと英語を使ったコミュニケーションで、あとは各教室の特色を活かした知育になります。

リトミックというのは幅広い音階を耳で聞いて全身を動かすので、音感力と運動神経を鍛えることが可能です。英語は小学校の教育要綱でも必須化され、今後の教育には欠かすことが出来ないので積極的に各教室のカリキュラムに組み込んでいるといえます。幼児教室は学習能力の向上を目指した教育という面と、子供の健やかな成長を促せます。親同士のコミュニケーションも取れるので、子育て世代には良い情報交換の場所でしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *