評価の高い広尾の幼児教室
2018年12月24日

幼児教育としての音楽

幼児教育の一環として、音楽教室は最も人気のある習い事のひとつです。

まだ小さい未就学児の子供をピアノ教室やバイオリン教室に通わせている人はたくさんいると聞きます。実際に有名な音楽家、ピアニストやバイオリニストは、3歳や4歳など、小さい頃から音楽を始めた人、つまり幼児教育を受けた人がほとんどです。音楽教室といえば、楽器を弾けるようになる、または歌えるようになるなど、耳を使ってひとつの技術を習得しているだけのようにみえますが、実際は脳を鍛えているので、成長のスピードの速い幼児期に音楽を取り入れることは、脳を発達させていることにつながっているのです。

例えば、ピアノのレッスンであれば、教室の先生はピアノの弾き方ばかりを教えているわけではありません。子供たちは歌を歌ったり音楽を聴いたり、音符の読み方を習ったりしているわけです。小さい子供の場合は、個人レッスンではなく、グループレッスンをするところもあります。その理由のひとつとしては、他の子供と触れ合うことができることと、合奏を通して違った音楽を楽しむことができるからです。

このように音楽といっても単に耳を鍛えているだけというわけではないのです。楽器に触れる指先から、声を出す声帯から、音を聞く耳からいろいろな情報を脳に送り込んでいるのです。このように考えると音楽は幼児教育としてはとても質のよいものであり、子供の成長に良い影響を与えてくれるといえます。こどもが音楽に少しでも興味を示したら、すぐにトライしてみるのがお勧めです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *