評価の高い広尾の幼児教室
2018年12月21日

幼児教育の大切さと必要性

1歳を過ぎたころから就学前までの子どもを幼児と言いますが、この期間の成長は人の人生の中で一番吸収する力が大きいと言えます。

まっさらな状態から、様々なものを吸収してそれぞれの色を付けていくというように、人の人格形成が大きく関わる時期なのです。この時期の教育を幼児教育といい、とても大切なことです。いろいろな経験の中から五感を刺激し、肉体の成長や精神面での発育を促すのです。家庭でのスキンシップによって、安心感と信頼感が生まれ、それがあることで外への世界での挑戦ができるようになります。

友達との遊びの中からルールを覚え、様々なものを見たり聞いたりすることで学習する力、探求心を培い、体を思い切り動かすことで運動能力を高めていきます。子どもの発想力、想像力は未知数です。それがあるからこそ能力が高められるのです。人は生まれながらに潜在能力を持っています。それに気づきその能力を引き出して発展させていくには、親や周りの大人たちの責任であり、すべきことなのです。

幼児教育は未知なる可能性をどんどん引き出していく、様々な力をつけていくとても重要なことなのです。不思議、面白いと感じたことからもっと知りたいという気持ちが出ます。うまくいったという成功体験から自信ができます。褒められた嬉しさから苦手を克服ことができます。人とのふれあいの中で協調性や親切心、感謝の気持ちが生まれます。たくさんの経験の中から、こういった人間として必要で大切なことを体で覚えて身に着けていくのが幼児教育なのです。

Tagged on:

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *