評価の高い広尾の幼児教室
2018年12月18日

幼児教育の重要性について

幼児期に経験することはその後の人生に大きく影響すると言っても過言ではありません。

人格形成の基盤のなるものつくられるのが幼児期なのです。ですから、幼児教育はとても重要なことです。普段の親との関り、家族の中で過ごす時間で子どもは安心感や信頼感を得ます。そして、その外の世界では、体や五感を使って遊び、学ぶことで考える力、運動能力、ルールなどの社会性を自然に身に着け、小学校入学後の学習に対する姿勢、協調性などが培われていくのです。子どもの知力、運動能力、社会性、情緒の発達は無限です。

その可能性を引き出す環境つくりをするのは大人の役目です。その子なりの成長のスピード、潜在能力、発展させていく力はそれぞれ違います。幼児教育では、それを見極めて、その子の持っている力を存分に出せるようにすることが大切なのです。普段からその子が興味を持っていること、長けていることを注意深く観察します。そして、それを更に発展させることをしてあげるのが良いのです。

また、苦手なことなども、それを克服させてあげられる環境やサポートをしていくことが大切です。できなかったことができるようになる成功体験は、その子にとって大きな糧になります。このように、幼児の時期に様々な体験をさせて、体いっぱいで感じる経験、親や家族、友達とのスキンシップの中で自分の居場所がある安心感、楽しいことを体験すること、知りたいという探求心、何かを継続させる持続性、学習や運動への興味などを育てる幼児教育は、どの子どもにもとても重要で必要な事なのです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *