評価の高い広尾の幼児教室
2018年11月30日

子供の伸びしろを広げることに繋がる幼児教育

幼児期は、生涯にわたる人間形成の基礎基盤、能力や才能の芽を広げる重要な時期ともされています。

知的発達、心の発達、社会性の発達といったことを最も効率よく吸収できる時期でもあります。脳は、3歳までに約8割、6歳までに9割が完成すると言われています。幼児期頃の様々な経験が脳の発達を促すとされてるため、幼児教育を行うことは、学習の基礎を作り、能力を伸ばし、才能が開花するための伸びしろを培うことに繋がります。加えて、幼児教育を行うことにより、親が子供にかける時間が増え、親子が関わりながら過ごす時間も増えます。

幼児教育を1人で行うことが不安な場合は、幼児教室といった施設も利用できます。幼児教室に通うことよって、親子ともに世界が広がり、密室教育にならずに済みます。子供の友達や親同士の交流も図れることから、気分転換や、ストレス発散の機会にもなります。教室に通うだけでなく、普段、過ごす生活の中でも、脳の発達に関わります。

おんぶ紐、ガキ大将との遊び、お手伝い、いたずらといった家庭で親が、どのような環境を与えるかで、子供のシナプスをどんどん増やすことができます。早期の幼児教育を行う場合は、勉強だけに根を詰め込むだけではなく、友達同士での遊びによって培われるコミュニケーション能力を身に付けることや、子供の自主性を尊重することも大切です。幼児期からの様々な経験を積ませることによって、心身ともに充実した子供の成長が見込めます。
1歳の幼児教室のことならこちら

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *