評価の高い広尾の幼児教室
2018年11月30日

どのような幼児教育を大切にするか

家庭により、どのような幼児教育に力を入れるか変わってきます。

幼児教育として、七田式や横峯式などの知育に力を入れる家庭、ネイティブな英語に力を入れる家庭、スポーツ教育に力を入れる家庭、幼児期はできるだけ遊んでだけ遊んでほしいと考える家庭様々です。教育はいつからでも受けることができます。小学校にも入れば、嫌がったとしても、平日は毎日授業を受け、机に座って勉強し、家に帰宅すれば宿題が待っています。

幼児期までは好きなように沢山遊ばせてあげたいと思う保護者の方も多く、幼児期の自由な遊びは、人間として大切なコミュニケーション力や考える力を養うことがために非常に重要とされているので、できるだけ沢山させてあげることは本当に大切です。幼児期はできるだけ遊ばせることの大切さは、どの育児書にもたいがい書かれています。子供が大好きな遊びを本人が満足するまで、目一杯遊ばせてあげましょう。

しかしながら、小学校に入学する際、基本的なこと、例えば、ひらがな、かたかなを読む、書ける、読める、数字を100まで数えることができる、簡単な足し算、引き算ができるなどは大概の子供たちが習得した状態で、入学してくるといわれています。小学校に入学してから、ほとんどの子供たちができるものができないと子供によっては自信を失ってしまう可能性もありますので、スムーズに学校生活を送るために、幼児教育として楽しみながら、基本的なお勉強だけはしておくといいでしょう。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *